カビが原因の脱毛がある!?

びっくりしている男性

脱毛の原因には男性ホルモンや遺伝、ストレス等が関係している事が多いのですが、意外となところでカビも原因となることがあります。
カビというと不衛生な状態で発生するというイメージがあるので、シャンプーをして汚れを落としているだけでは効果がありません。

脱毛の原因となるのは主に2つのカビです。
それはマラセチア菌という真菌で常在菌といわれる誰の肌にも生息しているもので、普通ならばほとんど問題になることはありません。
ところがストレスを溜め込んだり甘いものや脂っこいものを食べ過ぎると繁殖してしまいます。
というのもマラセチア菌は皮脂を餌としているのですが、何か異常が起きて皮脂が大量に分泌されてしまうと餌が増えたことでマラセチア菌も繁殖してしまうのです。
またマラセチア菌は高温多湿の環境を好むので梅雨の時期や帽子をかぶって蒸れている状態になると、さらに増えやすくなります。

マラセチア菌が繁殖すると起きるのは、脂漏性皮膚炎という頭皮に起きる炎症です。
これが起きると炎症で腫れたり、ふけやかゆみに悩まされることになります。
そして脂漏性皮膚炎で皮脂が毛穴に詰まったり、毛根にダメージが及んだりすると脱毛が引き起こされます。

そしてもうひとつは白癬菌と呼ばれる菌で、一般的には水虫の原因とされる真菌です。
保菌者の使ったタオルなどを頭部に使ったときに、感染してしまうことがあります。
白癬菌が毛穴に入り込んでしまうと、ケラチンと呼ばれるたんぱく質を餌として繁殖します。
ケラチンは頭皮や髪の毛をつくっている成分ですから、白癬菌に感染すると頭皮の状態が荒れて、髪の毛はもろくなるのです。
その結果として脱毛が起きます。

真菌を退治するためには、ケトコナゾールという抗菌効果のある成分が含まれているシャンプーを使ったり、抗菌薬を使って治療することになります。
ケトコナゾールが配合されたシャンプーは医薬品で市販されていないので、海外からの個人輸入で入手するのが簡単です。

どんなシャンプーを使うといい?

脱毛は、頭皮に付着したカビが原因でなることもあるので十分な注意が必要です。
頭皮のカビの正体はマラセチア菌という皮膚に住む常在菌の一種で、多くの人の皮膚に存在しているものです。
通常であれば特に害はないのですが、マラセチア菌は皮脂を餌にしているので何かの要因で頭皮が過剰に皮脂分泌すると大量に繁殖してしまいます。
その結果、皮脂が蒸れやすくなったりふけを引き起こしやすい状態になります。

マラセチア菌が増殖すると皮脂を分解して刺激性の強い脂肪酸に変化させ、頭皮が炎症を引き起こします。
かゆみやふけだけでなく、酷くなると脂漏性皮膚炎や頭部白癬などの皮膚疾患になる可能性が高くなります。
マラセチア菌が繁殖すると皮膚炎が起こって脱毛症になることがあるので、早急に対策をして頭皮環境を整えることが大事です。
また、皮脂の過剰分泌は、脂性肌の体質や過度な乾燥を補うための過剰分泌、ホルモンバランスの乱れなどが考えられますが、使用しているシャンプーの影響も少なくありません。

頭皮に住み着くカビ菌が大量に繁殖するとふけやかゆみの原因になるので、しっかり治療をしてカビの増殖を抑える必要があります。
最近は頭皮のカビ対策に効果的な薬用シャンプーが販売されていて、カビ菌の繁殖を抑える有効成分が含まれています。
つまり日々使っているシャンプーを変えることでマラセチア菌の繁殖を抑えることが可能です。

どのようなシャンプーを選べば頭皮のカビ菌の増殖を抑えることができるかと言うと、カビ菌の抑制に有効な成分を含んでいる抗菌シャンプーです。
ケトコナゾールという抗菌成分を配合しているシャンプーがオススメで、カビ菌の増殖を抑えてくれます。
抗菌成分というと刺激が強いイメージがありますが、低刺激性のタイプを選べば大丈夫です。
無香料、無着色で肌が敏感な人でも使用できるケトコナゾール配合のシャンプーを使用しましょう。

世間では薄毛の改善方法が沢山ありますが、実際に使用した人が効き目を体感できているのでしょうか?もし効果を得られない場合、その期間が無駄に過ぎてしまい薄毛も進行したままになります。通販サイトにはAGAに効くといわれているプロペシアがあります。このサイトではプロペシアの紹介や薄毛の原因について触れていきます。