フィナステリドとミノキシジルは相性が良い

驚く男性

髪の毛に悩んだことのある人であれば、リアップやロゲインなどの髪の毛に関する薬について名前を聞いたことがあると言う人も多いでしょう。
最近ではAGA治療と言われる飲み薬による病院での治療が可能になってきていることもあり、男性の髪の毛に関する悩みについては様々な対応方法が新しく生まれています。
すべての薄毛や脱毛に有効と言うわけではありませんが、抜け毛の未然の予防に効果のある飲み薬が注目を集める状況になってきています。

有名な成分としてはフィナステリドやミノキシジルが挙げられます。
病院で処方されるフィナステリドの効果は抜け毛の予防です。
若い頃から抜け毛が激しい男性というのは比較的よく聞かれる話ですが、男性ホルモンの働きが影響していると言うことが既に知られています。
この男性ホルモンの働きを抑制することによって抜け毛を予防する役割を持つのがフィナステリドなのです。

しかしこの薬だけでは髪の毛が抜けるのを予防することができても、積極的に髪の毛を増やすための機能が含まれていません。
そこで役立つのがミノキシジルと言う成分です。
ミノキシジルは発毛や育毛の分野で機能する成分であり、男性の薄毛の悩みについてはフィナステリドと相補的な関係にあります。
これら2つの薬を併用することによって得ることができる効果は薄毛の悩みの改善のためには非常に役立つものであるといえます。
抜け毛予防だけではなく積極的に発毛育毛に取り組むためには必要なものです。

適切に抜け毛予防と発毛効果を得たいと考えているのであれば、使用するタイミングには適切な注意が必要であると言えますが、2つの薬を併用することによる副作用が明確にあるわけではありません。
それぞれの薬の副作用に気をつけながら活用することにより、薄毛の悩みを改善させていくことが可能になります。
この2つの成分を併用することが有効であると言うことが広く知られていますので、薄毛の悩みの改善のために積極的に活用していくことが推奨されます。

ミノキシジルが含まれている薬

以上に見てきたように、ミノキシジル配合の薬品には育毛・発毛を促進する効果はありますが、抜け毛予防のためには男性ホルモンの作用を抑えるフィナステリドの効果が必要です。
未然の予防として使用する薬品はフィナステリドで、育毛・発毛効果を期待して使用する医薬品はミノキシジルであるということです。

ミノキシジルが含まれている薬を併用するべきタイミングとしては、抜け毛が目立ってきて、抜け毛予防だけでなく発毛によって毛量を増やす必要が出てきたタイミングが挙げられます。
そのために使用する薬にも様々な種類があります。

国内の薬局で手に入る薬品としてはリアップが有名です。
抜け毛によって薄毛が目立ってしまった場所に直接ミノキシジルを塗布するタイプの薬品で、ミノキシジルを直接塗られた部分の血管を広げることにより、育毛・発毛を促進することで薄毛を改善するという仕組みになっています。
日本国内の企業によって作られている薬品ということで安全性、信頼性はありますが、価格が高いことが難点です。

ミノキシジルが含まれている薬でより安価なものを探すとなると、国外製の医薬品を輸入代行などを通じて入手するという方法があります。
代表的なところではロゲインという薬品が有名です。
こちらもリアップと同様に直接薄毛部分に塗布する形での使用となります。
ロゲインにはジェネリックがすでに存在しており、カークランドという薬品ならば成分は同じで価格は格段に安くなっています。

これらとは異なり、ミノキシジルを塗布ではなく内服する形で摂取するタイプの薬品がミノキシジルタブレットです。
こちらも輸入代行により入手することが可能ですが、内服薬である分、強力な育毛・発毛作用が見込まれると同時に、副作用も強まってしまうおそれがありますので、使用には注意が必要です。

世間では薄毛の改善方法が沢山ありますが、実際に使用した人が効き目を体感できているのでしょうか?もし効果を得られない場合、その期間が無駄に過ぎてしまい薄毛も進行したままになります。通販サイトにはAGAに効くといわれているプロペシアがあります。このサイトではプロペシアの紹介や薄毛の原因について触れていきます。