円形脱毛症はなぜ起こる?

驚いている男性

円形脱毛症は硬貨程の大きさの脱毛巣ができる症状の事で、ストレスが原因と広く知られています。
しかし円形脱毛症はストレスだけで起こるものではありません。
男性・女性問わず起こるものであり、発症のメカニズムは1つの原因だけでなく個人差もあります。

円形脱毛症はある日脱毛巣を発見した事で気づく場合がほとんどです。
抜け毛の前触れがない方も多く、たまに痒みが先行する方もいますがいつも間にかできています。
進行が止まれば自然に治っていくものですが、重症化すると進行が止まらず脱毛巣が拡大していき、薄毛になってしまう場合もあります。
遺伝的にできやすい体質の方もおり、そのような場合は再発を繰り返して全体的に髪のボリュームが薄くなります。

円形脱毛症はストレス社会を生きる成人に多いとは言われていますが、全体の25%程は15歳以下の若者です。
女性が発症する原因としては主に自己免疫疾患と言われており、自己免疫とは外敵である菌等から身体を守る防衛機能です。
その攻撃対象が何らかの原因で自分に向けられ、ターゲットを誤った免疫細胞であるリンパ球が毛母細胞を攻撃します。
それにより毛包が縮んで休止状態になってしまう為に起こると言われています。
なぜこういった事が起こるのかという研究はされていますが究明には至っていません。
一説では女性は男性よりも自己免疫疾患になりやすい因子があるようです。

ストレス等が原因と言われていますが、強いストレスを受けていても発症しない人もいます。
免疫も腸と関係がある事もわかってきており、食生活の見直しにより免疫力やストレス耐性を付けられます。
髪の毛の栄養は普段口にする食事から得ていますので、食生活を見直す事で発症を予防したり、改善する事も可能と言われています。

抜け毛の原因は様々で、食事や免疫・皮膚疾患などがあります。
対処方法は原因によって違うので、気になる場合は皮膚科等の専門機関への受診が有効です。

AGAや円形脱毛症以外の抜け毛

AGAや円形脱毛症以外の抜け毛ではびまん性脱毛症です。
女性の薄毛に多く、円形脱毛症と異なり頭皮全体のボリュームが減ってきたり、髪が細くなってくる症状です。
パッと見た感じではわかりにくく、気づいたら髪全体が薄くなっていたという人も多いです。
びまん性脱毛症は女性のAGAともいわれており、一説によると遺伝の要素があります。

大きな原因は、加齢による女性ホルモンバランスの変化です。
更年期前後から症状が出始めることが多く、閉経後にはさらに症状が目立ってきます。
ホルモンバランスの乱れによってAGAの原因となる男性ホルモンが優位に立ってくるのです。
老化現象としてとらえられ諦めてしまう人も多いです。

また、妊娠や出産でホルモンバランスが変化して脱毛症状を起こすことがあります。
ただ一時的なものなので自然に治ることが多いです。

若者や女性におおい原因は、食生活の乱れやストレスです。
髪は頭皮の血液から栄養をもらって成長します。
過度なダイエットやファストフード、動物性脂肪の多い食べ物は、栄養が偏り髪に必要な栄養が行き届きません。
そして脂肪分の多い食べ物は質の悪い血管や血液を作るため、血行不良になりやすく栄養が髪に行き届かないのです。
同様に、ストレスが溜まるとホルモンバランスや自律神経が乱れます。
血管収縮するため、血行が悪くなってしまいます。

このようにびまん性脱毛症を進行させる原因はいろいろあるのですが、原因が一つではなく、いくつかの原因が絡み合ってしまっていることもあります。
また原因さえ取り除けばびまん性脱毛症は改善されやすいといわれています。
生活習慣を見直して髪の成長に良い生活を心がけるようにすることが大切です。

世間では薄毛の改善方法が沢山ありますが、実際に使用した人が効き目を体感できているのでしょうか?もし効果を得られない場合、その期間が無駄に過ぎてしまい薄毛も進行したままになります。通販サイトにはAGAに効くといわれているプロペシアがあります。このサイトではプロペシアの紹介や薄毛の原因について触れていきます。