女性のFAGAという薄毛の症状もある

びっくりしている女性

女性の薄毛は、年齢的なものと考えられることが多いものの、その中にはFAGAという症状も含まれています。
FAGAは女性男性型脱毛症とも言われていて、40代以降に増加傾向が見られます。
男性のAGAとは全く異なるメカニズムなので、解消方法も違うものだと考えてください。

女性のFAGAは、女性ホルモンの減少が主な原因です。
日本臨床医学発毛協会によると、薄毛の悩みを持つ女性は、全国に300万人いるとも言われています。
FAGAで薄毛を感じる場所は、頭頂部付近がメインで、I型からIII型に分類されます。
最も進行した状態がIII型です。

自覚症状として、薄毛に伴い頭皮のべたつきや臭い、痒み、フケ、脂漏性湿疹が挙げられるので、鏡で自分の頭皮チェックをするとわかりやすくなります。
テカリや湿疹がないかどうかも、併せて確認しておいてください。

発毛のために女性ホルモンが発毛促進シグナルを刺激しているのですが、ホルモン減少で発毛促進のシグナルへの刺激も低下します。
40代以降から閉経に向けて更年期を迎えますが、この時に女性ホルモンの減少が目立つので薄毛の悩みを抱える人が増加します。
男性のAGAとは異なり、若年層にはほとんど症状が見られないのも、このようなメカニズムがあるからです。

また、AGAにはフィナステリドという有効成分が使用できますが、女性には使用できないと定められています。
妊娠の可能性などがあれば、胎児に副作用を及ぼすことも指摘され、女性のフィナステリド使用は禁止されているのが現状です。
他の方法で悩みの解消を検討することになるでしょう。
実際に及ぼす影響の頻度が不明なので、最適な量で使用すれば安全とは断言できない段階です。

頭皮に皮脂過多の状態があったり、赤みや吹き出物があったりする場合は、外用薬を塗布しても効果を発揮しないケースが増加しています。
さらにうっ血などの症状があると、シャンプーなどを使用しても効果の実感が難しい場合があるでしょう。
そこで、パントガールのような内服タイプが登場しています。

栄養素などを用いた治療法についても、改めて確認することをお薦めします。

FAGAの治療法を教えて!

FAGAとAGAは発生メカニズムが異なります。
AGAは男性ホルモンの過剰分泌によって起こるため、男性ホルモンを抑える働きがあるフィナステリドが有効となります。
一方FAGAは女性ホルモンの減少によって起こるため、フィナステリドを摂取しても効果は期待できません。
むしろ副作用で胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるため、フィナステリドが含まれた育毛剤は避けた方が良いです。

FAGAは女性ホルモンの減少が主な原因です。
そこで治療法としてまず挙げられるのが、女性ホルモンを補うことです。
減少した女性ホルモンを外から補えば、原因の解消にもつながります。
具体的には病院から処方された薬を使う「ホルモン補充療法」、サプリメント、食事などが挙げられます。
特に食事は女性ホルモンと似た構造を持つ栄養素、大豆イソフラボンを積極的に摂取することで、不足分を補うことができます。

また髪に必要な栄養素を補う方法としては、パントガールも有効です。
パントガールはFAGA治療薬として初めて効果と安全性が確認された飲み薬になります。
含まれている成分は髪の成長に必要なアミノ酸・タンパク質・ビタミンB群などです。
比較的サプリメントと似た成分で作られているため、最適な量を守って服用すれば、副作用が少ないという特徴もあります。
このように内側から髪の成長に必要な栄養素を補うことが、有効な治療法となるのです。

また薄毛の悩みは、頭皮環境の悪化・血流の悪化も大きな原因となります。
頭皮が乾燥していたり、皮脂過多の状態であると、毛の成長は阻害されてしまいます。
さらに頭皮環境が悪いと外用薬やシャンプーを使用しても、そこに含まれる有効成分が十分吸収されない恐れも出ます。
うっ血などの症状がある場合は、頭皮環境悪化につながるだけでなく、毛根に十分酸素や栄養素が行きわたらない原因にもなります。

ですのでパントガールなどで栄養を補うとともに、頭皮の環境を整え、血行を促進することも重要な治療法となります。
規則正しい生活を送り、できるだけ頭皮への刺激を避けるようにしましょう。

世間では薄毛の改善方法が沢山ありますが、実際に使用した人が効き目を体感できているのでしょうか?もし効果を得られない場合、その期間が無駄に過ぎてしまい薄毛も進行したままになります。通販サイトにはAGAに効くといわれているプロペシアがあります。このサイトではプロペシアの紹介や薄毛の原因について触れていきます。