赤色LEDによるAGA治療も進んでいる

女性の頭皮

これまで広く使用されていた蛍光灯よりも寿命が長く、電気代を抑えることが出来るとして、家庭や職場の照明をLEDに交換したという人も多いのではないでしょうか。
LED技術が使われているのは照明器具だけではありません。
美容分野や医療分野にも様々な場面で使用されています。

男性の薄毛や抜け毛の原因とされているAGA治療には、赤色LEDが発毛効果を期待することが出来ると注目されています。
LEDの色は赤・青・緑の三原色ですが、赤色LEDは波長が長いという特徴があります。

AGA治療に赤色LEDを使用することで、皮下の深部にある毛乳頭細胞を活発にすることが出来るとされています。
培養した毛乳頭細胞に実際に光を照射してみると、発毛を促す増殖因子を誘導し、増加が見られたという研究結果もあります。
また、マウスを使っての実験となりますが、赤色LEDを照射したグループはそうではないグループに比べて発毛を確認することが出来ると判断できる結果になったとの報告があります。

このような再生医学は、確実に進歩しています。
そして、以前に比べて進歩のスピードも早いため、実用化もそう遠くはないと考えられるでしょう。
最近では低出力レーザーと組み合わせた治療機器も開発されており、副作用が少なく、安全性の高い治療として注目されています。

ただし、日本ではレーザーやLEDを使用した治療はまだまだマイナーであり、主軸となっているのは経口薬や外用薬があります。
また、近年開発された物質であるフラーレンは日本国内外で安全性が確認されており、目立った副作用が無いという特徴もあります。

いずれにしても、薄毛や抜け毛に悩んでいた人にとっては、様々な治療方法が開発されるということは選択肢が増えることにつながりますので、嬉しいことなのでは無いでしょうか。
しかし、一般に普及するまでには時間がかかると考えられるため、治療を希望するという場合には、クリニックがどのような治療に対応しているのかを確認することが必要になるでしょう。

フラーレンという炭素の同素体

薄毛が気になっており、効果的に改善できる方法を知りたいという人もいるでしょう。
さまざまな方法がありますが、再生医学の進歩によって赤色LEDによるAGA治療が注目を集めています。
LEDというのは熱を持たず、従来の白熱電球や蛍光灯と比べて寿命が長いという特徴もあります。
赤色LEDとは一番最初に発明された赤い光源であり、生体に対する作用もあることが分かってきています。

実験によると赤色LEDには確かにAGAに対する効果があるということです。
なぜ赤色LEDを照射するだけで発毛効果があるのかということですが、この光には毛乳頭細胞の発毛増殖因子を分泌するという作用があるためです。
そのため発毛を誘導してくれますし、髪の毛の成長を促進してくれるでしょう。

赤色LEDには細胞に働きかけるだけでなく、老廃物を除去して老化現象を防止するという作用もあります。
照射するだけで新陳代謝が促進されますし、血行が良くなることで髪の毛に必要な栄養素がきちんと行き渡るようになります。

赤色LEDはレーザー治療のように熱を使わないため、安全性が高いというメリットがあります。
火傷などの副作用もほとんどありませんし、医薬品との併用も可能です。
また、頭皮の毛母細胞を活性化させることが目的であり、痛みが少ないこともポイントです。

赤色LEDの治療を受けたいという場合、クリニックや皮膚科に相談してみると良いでしょう。
クリニックや皮膚科ではドクターが頭皮の状態を確認してくれますし、最適な方法でAGAの治療を行ってくれます。
しかし、自由診療となってしまうため、費用は高くなってしまいます。

AGAの治療に効果的な成分として、フラーレンという炭素の同素体があります。
この成分には強い抗酸化作用と持続性があり、細胞を活性化させる効果や紫外線によるダメージを防ぐ効果が期待できます。
それによって育毛効果が期待できると言われています。

世間では薄毛の改善方法が沢山ありますが、実際に使用した人が効き目を体感できているのでしょうか?もし効果を得られない場合、その期間が無駄に過ぎてしまい薄毛も進行したままになります。通販サイトにはAGAに効くといわれているプロペシアがあります。このサイトではプロペシアの紹介や薄毛の原因について触れていきます。